スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wの悲劇 シムの罠3

春の声を聞いても、軽井沢はまだ冬の寒さが残っている。

チョン先生が着くまで、まだ2時間ほどあるから、僕は先生が泊まる「朝日の間」を温めておかないと・・・


「あの・・・・先生が来る前に、あの部屋を温めておいてもらえますか?」

「先生?お泊りになるのは先輩方ではないんですか?」

「はい・・・僕も先輩だとばかり思っていたんですけど、朝、先輩から、泊まるのはチョン先生だと・・・・」


「チョン? その方は・・・・チョンさんとおっしゃるのですか?」


「はい、僕の大学の研究室の副主任をされている、チョン・ユンホ先生です」


「チョン・・・・ユンホ・・・・」

どうしたんだろう? 管理人さんの表情が一気に厳しくなった。

いつもにこやかで穏やかなのに・・・・・。


「チャンミン坊ちゃま、その方は・・・・お医者様ですか?」


「ああ・・・・ご実家は大きな病院だと聞いていますが、先生は病院は継がず、研究室に残ったと聞いてます」


「そうですか・・・・坊ちゃまにお見せしたいものがあります」

管理人さんはそう言うと、「朝日の間」から、一冊の本を持ってきた。


「これは、亡きお嬢様が大切になさっていたものです」


それは、僕も知っている。祖母がいつも話していた、僕に似ているという大叔母様が大切にしていたという本。

僕も子供の頃、何度か見せてもらったから、見覚えがある。

それがどうしたというんだろう・・・・


「坊ちゃま、この本にはある写真が隠されています」

えっ? そんな話は聞いたことが無い。

「それは、おばあさまも知っていたの?」

「いえ、このことは、私の父と、私しか知りません。私の父が管理人をさせていただいた頃、お嬢様からご依頼を受け、細工を施しました」


管理人さんはそう言うと、一番後ろのページをそっと剥がした。

その中には、1枚の古い写真が大切そうに挟まれていた。

これは・・・・・
fc2blog_2016020822482137e.jpg


チョン先生・・・・いや、似てるけど・・・・先生はこんなに柔らかくは笑わない。

「これ・・・・誰ですか・・・・どうしてこんな写真が、この本の中に・・・・」



「この方は、チョン・ユンホという、医学生でした」

チョン・ユンホ? チョン先生と同じ名前?

「お嬢様が・・・生涯、愛された方、ずっと待ち続けた方です・・・・」


管理人さんから聞かされた話・・・それは、あまりにも悲しい物語だった。



もともと体が弱かった大叔母様は、18歳の秋、風邪をこじらせ、今で言う喘息の発作がひどくなった。

結核も疑われたため、医師の紹介もあり、病院の施設が整っていた軽井沢のこの地に別荘を建て、

翌春、ここに引っ越してきた。

そこで出会ったのが、当時、その病院に研修医として働いていたチョン・ユンホさんだった。


大叔母様とチョンさんは、最初こそ患者と医師という関係だったけど、読書が好きな大叔母様と

本当は小説家になりたかったというチョンさんはとても話が合い、

診察の後に、いろんな作家の話に夢中になり、それが恋へと進むのにそう時間はかからなかったそうだ。


しかし、こんな狭い世界の中、噂はあっという間に父親の耳に入り、チョンさんはある日突然、

東京の大学へと戻るよう言われたそうだ。

当時、大叔母様には家同士で決めた婚約者がいて、こんな噂が相手の家に知られたらと、

父親から病院側に圧力がかけられたようだった。


「チョンさんは、旦那様に何度も頭を下げ、結婚を許して欲しいとお願いしたそうなのですが、旦那様は信頼して任せていた医師に裏切られたと、それはそれはご立腹で・・・・

しかし、お嬢様が結核かもしれないという事で、相手側から破断の申し出があり、

旦那様は熟慮の末、チョンさんが東京の大学病院での研修をしっかりと修了し、

一人前の医師になったら、その時は結婚を許すとおっしゃいました。

お嬢様もチョンさんも、それはそれは喜ばれて、その時に撮ったのが、このお写真です」


「結婚は許されたのなら、どうして大叔母様は・・・・・」


「チョンさんはその夏、東京の大学病院に戻りました。2年間の研修期間を終え、無事に医師になった時には、

かならず迎えにくると、そう固く約束されて・・・・。

しばらくは、チョンさんからも手紙が届いていたのですが、もう卒業も近いとなった頃、

チョンさんが、大きな病院のご令嬢と結婚し、ご実家の病院を再建するという噂が届きました。

旦那様が真相を確かめたところ、確かにチョンさんのご実家である個人病院と

横浜にある大きな総合病院との合併の話が進んでおり、その条件が、チョンさんとご令嬢との結婚だと分かりました。

それを知った旦那様は、お嬢様にチョンさんの事は諦めるよう、諭されました。

旦那様も実業家でいらっしゃいましたから・・・その結婚がどれだけ重要なものなのか、

病院を大きくするには、それは仕方がない、そう思われたのでしょう・・・・

病弱な娘が、大病院の奥様を務めるのは無理だという判断もあったのかもしれません。

チョンさんからは、何度も、この縁談は受けるつもりはない、お嬢様と約束通り結婚すると連絡されたようですが、

旦那様は、この話は無かったことにして、家のため、自分の将来のため、

そして、娘のためにも、もう連絡はしないで欲しいと・・・・・


実業家として、そして病弱な娘を想う父親としての判断だったと思います」



「でも・・・・それならなぜ、大叔母様は、その人の写真を大事にして、その人を待ち続けていたのですか?」


そうだ・・・・それならなぜ、大叔母様は待ち続けたんだ・・・・


70501.jpg


「お嬢様は・・・・あまりのショックに、心が・・・・壊れてしまわれたのです・・・・・・」





ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

首と背中をちょっと痛めてしまい、しばらくパソコン作業を控えるよう言われ、

すっかり間が空いてしまいました・・・・

様子を見ながら、書いていけたらな…と思っております。




別室blog「秘密の月の部屋」はこちら

ポチッと押していただければ、幸いです





スポンサーサイト

theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

Wの悲劇 シムの罠 2

東京駅で先輩たちと一緒になった僕は、そこで驚くべきことを知った。



「チョン先生、シム君の別荘に泊まるんだって? いいな~俺も別荘ってのに、一度泊まりたいよ!」

「えっ? 先輩が泊まるんじゃないんですか?」


「いや、俺たちは保養地の旧棟らしい。あそこ、前も研修で泊まったんだけど、古くて寒いんだよな・・・・」

「チョン先生、いいな~!!俺らも暖炉がある別荘で、ゆっくりしたかったよな~」

「いや、僕・・・先輩方が泊まるんだとばかり思っていて・・・・だから、僕も別荘から通いますって申請したんですけど・・・」


「俺らはさ、卒業制作の実験があるから、夜中も交代で実験しなきゃいけないからな・・・・通うわけにはいかないんだよ」

「そうだったんですか・・・・・」




チョン先生はゼミの副主任で、確か実家は大きな病院だと聞いたことがある。

大学の医学部には入ったものの、医者ではなく、大学院からそのまま研究チームに残ることを選択したと聞いた。

知っているのはその程度で、話した事もほとんどない。

真面目で、浮いた噂も聞いたことが無い堅物の先生・・・先輩は口をそろえてそう言っていた。

そんな先生と、何を話せばいいのかな・・・・参ったな・・・・・


「シム君、チョン先生は真面目だからつまらないかもしれないけど、知識は凄いから、いろいろ聞くといいよ」

「そうだよ、俺らも滅多にチョン先生と話す機会ってないからさ・・・・プライベートとか、いろいろ聞いてみて!」

「はあ・・・・僕もそんなに人と話すの、得意じゃないので・・・・先生に失礼の無いよう、頑張ります・・・・」



正直、気乗りはしないけど、先生に失礼が無いよう、客間はちゃんと片づけておかないと・・・・

でも、ちゃんとしたベッドがある客間って・・・・あの部屋しかないんだよな・・・・

先生、大丈夫かな・・・・あの部屋・・・・




久し振りに訪れた旧軽井沢にある別荘は、管理人さんのおかげで綺麗に片づけられていて、

暖炉には火も入っていて、部屋の中は温まっていた。


「チャンミン坊ちゃま、お久しぶりです。今日は何名お泊りですか?」

「ご無沙汰しています。今回は、急にお願いしちゃってすみません」

「いえ、別荘もたまには誰かが泊まらないと傷みますから・・・こうして訪れてあげると、お嬢様もお喜びになりますよ」



そう・・・・この別荘はちょっといわくつきで、子供の頃から両親もあまり泊まりたがらなかった。

でも、僕はここに来るととても安心して、何時間もあの部屋に籠っていた。


「朝日の間」と呼ばれる客間は、東側と南側に大きな窓があり、

部屋には、僕のひいおじいちゃんのお姉さんだった人、僕にとっては大叔母様の肖像画が飾られていて、

そこだけは時間が止まっているようだった。


お嬢様・・・と今でも呼ばれている大叔母様は、若くして結核で亡くなったと聞いた。

とても綺麗で、僕は子供の頃から、大叔母様の生まれ変わりなんじゃないかと言われていた。

もう亡くなった祖母は、子供の頃、何度か大叔母様とお会いした事があったようで、

「とても静かで儚げで・・・・いつも一冊の本を大切に眺めていらしたのよ・・・・

チャンミンはどんどん叔母様と似てくるわね・・・生まれ変わりみたいだわ・・・・」

両親は、大叔母様が若くして亡くなったことを気にして、そんな事を言う祖母を嫌がって、

あまりこの別荘に僕を連れて行かなくなった。


祖母が亡くなってからは、ますますこの別荘を訪れる人はいなくなり、

何年も管理人さんが時折手入れと掃除に通うだけになっていた。

僕もここに来るのは本当に久し振りで、一人だったら絶対に来なかったと思う。


でも、ゼミで使う保養地が近かったことと、部屋が足りないと聞いたので、

ここで泊まることを決めた。

でも、それは先輩たちと一緒だと思っていたからで・・・・

ほとんど話した事が無いチョン先生と過ごす事になるとは・・・・。


o0480064013368500306.jpg


でも、それは今から思えば、偶然でも何でもない、

必然だった・・・・・

25981002462.jpg



それは、シム家に伝わる大叔母様の・・・・・

お嬢様の悲劇が生み出した、罠だったのかもしれない・・・・・

彼女の悲劇と永年の想いが、僕と先生を呼び寄せたのかもしれない・・・・・





ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


実は、この物語に出てくる別荘にはモデルがありまして・・・・

知り合いの別荘で、深い森の中にある、心地よい別荘で、天皇陛下と美智子皇后が出逢われた「テニスコート」からも近い場所にあります。

私もいわくつきの「朝日の間」に泊まったんですよ~

どんないわくつきなのか・・・・

短編なので、そんなに長くする予定は無かったのですが、一気に書き上げようかな・・・・と思っています。

お楽しみいただければ幸いです。






別室blog「秘密の月の部屋」はこちら



ポチッと押していただければ、幸いです




theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

Wの悲劇 シムの罠



もう・・・行かないで…・そばにいて・・・・


もう愛せないというのなら

友達でもか構わない・・


強がっても・・・声が震える・・・・・ユノ・・・・・




せめて・・・この月が東の空に沈み、太陽が昇るまで・・・・



許されないなら


アナタが望まないなら



友達でいいから・・・・・何も望まないから・・・



切り裂かれる胸


喉笛を切り裂き、こぼれる声・・・・・


ユノ・・・・・・



誰も聞こえないなら、この血を流そう・・・・



僕はこのままでいい・・・







春まだ浅い、軽井沢の駅



大学のゼミの研修地に、大学の軽井沢にある保養地が選ばれた。

でも、その日の収容人数がオーバーしていて、どうしても一部屋足りないと聞いた僕は、

一つの提案をした。




先生…あの…・差し出がましいのですが・・・・

ん・・・・? ああ、シム君、どうしたの?



あの・・・・本当に差し出がましいのですが・・・・もしよろしければ・・・・今回の研修、一部屋足りないとお聞きしましたので、

僕の親が持つ別荘を使ってもらえますか・・・・


今は誰も使ってないので・・・大丈夫です。



何人かの先輩が使えれば・・・

そう思っていた。

そう思っての申し出だった・・・・

20140509101540b4d.jpg


「シム君・・・ありがとう。じゃあ、よろしくね」

rise-as-god.jpg


チョン先生・・・・



僕が申し出たのは・・・・先輩たちの宿泊だったのに・・・・






ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村



大変ご無沙汰の上に、いきなりの新しいお話し。

いや、暁シリーズも、シムシリーズも頭の中ではかなり出来ているのに

いろいろ考えちゃって。



って事で、突発的に書いてもお許しください「


ああ・・・・今、日産見ながら、気持ち高めています!!




いろいろ書きたくて・・・



長い目で楽しんでください・




別室blog「秘密の月の部屋」はこちら



ポチッと押していただければ、幸いです













theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

プロフィール

とむにーママ

Author:とむにーママ
ユノとチャンミンを心から愛し、東方神起の世界観を大切に、SMファミリーも交えた物語のblogです。恋愛はほぼありませんが、いろんな時代、設定で、どんな言葉が生まれるのか、お楽しみいただければ幸いです。お二人をタローデパリで分析した「秘密の月の部屋」もアメブロで掲載中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
2730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
韓流スター
458位
アクセスランキングを見る>>
訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。