スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁に眠る星・・・・天子と勇者達・・・・・出逢い(5)

暁に眠る星・・・・天子と勇者達・・・・・出逢い(5)




1438842264679.jpg


女(め)の神・・・・・


何だろう・・・・この言葉・・・・・でも、見たことがある・・・・この風景・・・・


僕は荷物を片付けながら、じっとその絵を見ていた・・・・

僕はこの風景を、確かに知っている・・・・

そして・・・・この人に導かれて・・・森の奥へと行って・・・・・



光の天子、ここに、あなたの魂を封じ込めた片割れであるクリスタルを封印します。

あなたの友である、あの方のラピスと共に・・・・・

1500年後・・・・あなた方は二人で、この石を封印から解くのです・・・・・



ここは・・・・キュヒョナとよく遊んだ・・・・

あの石を見つけた森に似ている・・・・・・

石・・・・透明な美しい石と、青く光る石・・・・・




「チャンミナ?!」

いきなりドアがノックされ、キュヒョナの声が僕の意識を今に引き戻してくれた。

「あ・・・・ごめんごめん!今行く!!」

僕は急いで筆記用具を持って、ドアを開けた。


「ごめん!キュヒョナ!お待たせ・・・・・」

えっ?

そこには、キュヒョナでもなく、ユノ君でもなく、ドンへ君でもなく・・・・
shinee_replay_teasermv_4.jpg


背の高い、クリッとした大きな瞳の男の子が立っていた・・・・・

「あっ・・・・すみません・・・・僕遅れてきちゃって・・・・部屋番号見てて・・・・」

「あっ・・・・何号室?」

「えっと・・・・217号室です」

「それなら、隣だよ、僕は218号室だから」



「ミノ!! 遅かったね!!・・・っあ、さっきの・・・・・」

「あ・・・・テミン君?」

「はい! 僕も部屋が2階なんです。えっと・・・・・」


yjimage (2)

「あっ、名前言ってなかったね。九段校2年生のシム・チャンミンです」

「え~!!!英語でいつもトップのシム・チャンミンさんですか!!」

その時、いきなりユノ君んの部屋のドアがバン!!と開き、

「え~!!王子、お前、英語トップなのか!!」

凄い勢いで、ドンへ君が飛び出してきた。


「ド、ドンへ君・・・・・」

「ドンへ!お前ってやつは・・・・遠慮ってもんが無いのか!!」

後ろから出てきたユノ君が、またまたドンへ君の頭を思いっきり叩いた。

「だから、頭はやめろって!ますますバカになるだろ~」

「お前が同じ事何度もするからだ!少しは静かにしてろよ!」


ふふ、やっぱりいいコンビだな~。


「えっと・・・・皆さん、そろそろ下に降りないと、ヤバいと思いますけど・・・・」


二人のやり取りに驚いていたキュヒョナが、冷静に時計を指さした。

「げっ!ユノ!早くいくぞ!王子も急げ!!」

「ほら、お前らも早くいかないと、時間厳守だって先生言ってたぞ!」




僕たちは自己紹介もそこそこに、テスト会場へと急いだ。


会場はすでにほとんどの生徒が集まっていて、地区ごとに分かれている席に着き、

先生たちの説明を聞いていた。

突然、後ろのドアがバタンと開き、一人の男性が現れた。



o0600060013496472028.jpg

「すみません・・・・遅れました」


「イエソン先生・・・・またですか・・・・」


え・・・・・あの人も・・・・先生?

会場中にざわざわとした声が溢れ、先生たちも苦笑いしている。

「数学担当のイエソン先生です。ああ見えて、かなり厳しいから、みんな覚悟しておくように。先生、一言お願いします」

シルバーに染められた髪に、鋭い一重の瞳・・・・・

ユノ君のアーモンドアイとは違うけど、綺麗な目だ・・・・・

イエソン先生は特段慌てるでもなく、ゆっくりと前までくると、全員の顔をじっと見つめた。

「あ・・・・数学担当のイエソンです。まあ、本名はキム・ジョンイルだけど」

「えっ?キム・ジョンイル・・・・って・・・・」

教室中がまたざわめき出した。

「あ・・・まあ、俺は東方スクールで学んでいたから、みんなとは先輩と後輩になるから、先生じゃなく、兄さんでもいいぞ」

「イエソン先生・・・それはちょっと・・・・・」

「えっ?俺は気にしませんけど」

「いや、それじゃあ生徒に示しが・・・・・」


「カンタ先生は相変わらず真面目なんですね~。まっ、イエソン先生でも、兄さんでも、好きなように呼んでいいぞ!俺は気にしない。俺が気にするのは、みんなの数学への愛情だけだ。みんなが数学を愛せるよう、俺も頑張るから、みんなも頑張るように!以上だ」


「へえ~あんな変わった先生もいるんだな・・・・俺、数学好きになれるかも!」

「ドンへは本当に単純だな・・・・まあ、変わってるけど、面白そうな先生だな」

「だよな~」


イエソン先生・・・・変わってるけど、数学への情熱は凄いんだな・・・・

キュヒョナは数学得意だし、話が合うんじゃないかな。


そう思って、キュヒョナを見ると・・・・

20533145.jpeg


イエソン先生を見たまま、固まっているキュヒョナがそこにいた。



そしてもう一人・・・・・


yjimage (9)

テミン君もじっとイエソン先生を見つめていた・・・・


音の勇者・・・・・

確かに、テミン君の唇が、そう呟いたんだ・・・・・







ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


東方神起 ブログランキングへ


今日、久し振りに、Why?のMVを観まして・・・・

はい、お気づきの方も多いかと思いますが、光の天子のイメージは

o0480032211055363803.jpg

そして、ユノの火の勇者は

20110103115950ad7.jpg


ここから来ています。


お二人の再始動のイメージをモチーフに、私の好で勇者を選ばせていただきました。

あと二人・・・・・

若手からかな・・・・

えっ?まさかのカンタ先輩・・・・・


皆様もご想像くださって、お楽しみください




ポチッと押していただければ、幸いです






スポンサーサイト

theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

comment

Secret

プロフィール

とむにーママ

Author:とむにーママ
ユノとチャンミンを心から愛し、東方神起の世界観を大切に、SMファミリーも交えた物語のblogです。恋愛はほぼありませんが、いろんな時代、設定で、どんな言葉が生まれるのか、お楽しみいただければ幸いです。お二人をタローデパリで分析した「秘密の月の部屋」もアメブロで掲載中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
1592位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
韓流スター
260位
アクセスランキングを見る>>
訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。