暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(18)

暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(18)







「ドンへ先輩は、嘘が嫌いですよね? もちろん、ユノさんも・・・・」


「普通、嘘はダメだろう~嘘が好きな奴なんていないだろ、なあ、ユノ!」

「ああ・・・・っていうか、嘘が付けない。誰だって、自分には嘘はつけねーだろ」



「そうですね・・・・人は騙せても、自分は騙せませんからね。でも、必要な嘘も・・・時にはあると思いますよ・・・」


テミン君? 

急にテミン君の瞳が翳って、オーラが小さくなっていく・・・・


妙な違和感を感じた瞬間、それまでテミン君の後ろで黙って聞いていたミノ君が急に立ち上がった。

「テミナ、そろそろ部屋に戻ろう、先輩方も明日は早いようですから・・・お先に失礼します」



「そうだな、明日は早朝参拝だって言ってたから・・・・今日は早く休んでおかないとな・・・・明日からまた、1日中、授業だしな」

「あ~地獄の2週間が始まるのか・・・・王子~オレの英語を助けてくれよ~!!」

「ドンへ君、手加減しませんよ!それに、数学も、ですよね」

「げっ!! 可愛い顔して、王子は鬼だ~!!」

「ほらほら、お前も部屋戻って、早く寝ろ! じゃあ、王子、キュヒョン・・・君だっけ?」

「キュヒョンでいいですよ、ユノさん。じゃあドンへさん、明日から、覚悟しておいてくださいね。俺、厳しいですから」


「何だよ~みんなして、俺をいじめないでくれよ~」

「はいはい、お前はもう寝ろ!じゃあな」


ふふ、相変わらず、ドンへ君とユノ君、いいコンビだな~。

でも、テミン君・・・急にどうしたんだろう・・・・

ミノ君、何か知ってるような感じだったけど・・・・



「チャンミナ?どうした?」

「ん? ちょっとテミン君が気になっただけ。急に元気なくなったようだったから・・・・」

「まあ、人それぞれ、いろんな事があるからな・・・俺たちもそろそろ寝ようぜ」

「そうだね・・・・合宿は始まったばかりだしね・・・・今日はいろんな事がありすぎて、さすがに疲れたよ」

「あまり一人で考えすぎるなよ!チャンミナの昔からの悪い癖だからな。とりあえず、今日は何も考えないで寝ろよな」

「うん、そうだね。考えても仕方なさそうな気もするし・・・じゃあキュヒョナ、また明日ね!」




o0800053313473262778 (1)


ふう・・・・本当に今日はいろんなことが一気にあったな・・・・

何だろう・・・僕の中のもう一人の僕が、何かを感じて動き出そうとしている感覚がする・・・

テミン君が言っていた「皇子」って・・・・僕が見た夢の中の人なのかな・・・・

ユンホ君も、テミン君も・・・・

いや、今考えても仕方ない、キュヒョナも言っていたように、一人で考えたって分からないことだし・・・・


この二週間の間で、何か分かるのかな・・・・


僕が、何でこんな体質なのかも・・・・何か理由があるからなのかも・・・・・


大人ならこんな時、ビールでも飲んで寝ちゃうんだろうな…

僕も大人になったら、熱いシャワー浴びて、冷えたビールでも飲んでぐっすり寝られるのかな・・・



11349261_1029620170435071_1394712643_n.jpg

ヒチョル兄さんは、いつも美味しそうに飲んでるしな・・・・

僕も早く大人になりたいな・・・・何か変わるのかな・・・・・



そんな事を考えながら、僕はいつの間にか眠っていた・・・・・






o0800055513078287134.jpg

使命を封印した光の天子


default_8026732924b6bb931c7511ae096d3c11.jpg

未だ悔やみと悩みの中にいる風の巫女



8fbb03e23926cb53f1b31a4043b2018a.jpg

護れなかった自分を許せない火の勇者


o0384038410575944068.jpg


救えなかった事を悲しむ水の勇者




Ca-Ex2zz.jpeg

傍観するしかできなかった事を悔やむ地の勇者




封印された魂が解き放たれる時、

その悔いは消えさるでしょう・・・・

でも、そのためにはもう一度、お互いが向き合わなければなりません。




あなたは・・・・女の神・・・・ですか?

向き合うとは・・・・




1438842264679.jpg


急がなくてもいいのですよ・・・・

時が満ち、勇者が揃った時、

徐々にその封印は解かれるでしょう




星の勇者によって・・・・












ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村



今日は、チャンミンの修了式でしたが、お天気が悪く、室内での非公開式典となってしまい、

残念ながら、今日はお写真が上がってきませんでしたね

チャンミンも、風邪気味だったというお話もあり・・・・キュヒョンもミノも、シウちゃんも・・・・


そして、誰よりもご両親とユノヒョン・・・・心配してるでしょうね

今日は少しはゆっくりできたのかな・・・今頃、ぐっすりお休みでしょうね・・・

早く元気なお姿、見せてくださいね、チャンミン!!


その代わりと言っちゃなんですが・・・・


S__14745605.jpg
S__14745604.jpg
o0558096013514329300.jpg

こんな素敵なお写真が~

はあ・・・・やっぱりお二人揃ってのお姿が、一番ですね



別室blog「秘密の月の部屋」はこちら



ポチッと押していただければ、幸いです






theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(17)

暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(17)






皇子、北の地に、不死の山があるのよ。


不死の山からは、とても綺麗な水が湧いているそうよ・・・・

それはそれは透き通っていて、綺麗な水の中にしか咲かない花があるそうよ・・・・

白くて小さくて、とても可愛い花なんですって。

まるで、ミンソクみたいね・・・・


母様、私がその水を必ず持ってきます!

そして、ミンソク兄様のお墓にかけてあげます。

ミンホ・・・・・きっと、ミンソクも喜ぶよ・・・・・文字色

優しいのね、ミンホは・・・・・・



あの時、母様のお腹にいたミンホも、こんなに大きくなって・・・・いつの間にか、ミンソクの年齢を超えてしまった。


大きな目もそっくりだが、美しいものを愛するところまで、そっくりだ・・・・

特に、ミンホが汲んでくる水は、特別な波動を持っているから・・・・





ミンホ・・・・・ミノ君?!


o0384038410575944068.jpg




「チャンミンさん・・・・出雲に来てから、いつもと違う感覚なんじゃないですか?」

「そうだね・・・・テミン君だから正直に話すけど、君が言っているキーワードは、僕も感じている。でも、それが何なのか、僕の事なのか・・・それは全然わからない。テミン君は、どう感じているの?」

「ボクもまだ、断片的なことしか視えていません。でも、何となく関係性は視えてきています。特に、チャンミンさんとユノさんは・・・」


「俺と王子の関係性?」

「はい、お二人は間違いなく、前世で会ってます。もちろん、ボクもいました」

「風の巫女として?」

「はい、そうです。そして、チャンミンさんは、おそらく・・・・皇子として、ユノさんは、その皇子を護る、火の勇者と呼ばれていた人物だと思われます」


「おいおい、お前たちの話、俺にはチンプンカンプンなんだけど・・・・って、分かってないのは、俺だけ?キュヒョン君は分かってるの?もしかして、そっちの彼も?」


「ドンへ・・・・まあ、これは分からないのが当然だよ」


「いえ、ドンへ君も・・・・一緒だったかもしれませんよ」


「へっ?俺?ん・・・・俺は何も感じないからな・・・・そういうの全く無いし!でも、昔もユノや王子と一緒だったら、何か面白そうだな~」

「ドンへ・・・・お前のそういう性格、何度生まれ変わっても変わってなさそうだな」

「え~俺的には、カッコいいヒーローがいいんだけどな!愛する女を護って闘う勇者!って感じ?」

「お前・・・・ホント、図々しいな・・・・」

「何だよ~ユノばっかりカッコいいのは納得できね~!!」

o075007501434869634490.jpg


ふふっ、本当にドンへ君って、真っ直ぐなんだな・・・・

きっと、その時代でも、真っ直ぐで純粋だったんだろうな・・・・


「あっ、王子までなに笑ってんだよ~!!それとも、カッコいい俺、想像しちゃった?!」

「そうですね・・・きっとドンへ君なら、いつも真っ直ぐで、純粋だったんだと思いますよ」

「おっ!さすが王子!分かってるね~」


19961387_org.jpg

「ドンへ・・・・お前は本当に・・・・」


「何何?ユノも、俺がカッコいいって認めたのか?」



「本当に・・・・アホだって思っただけだよ!」


E382ADE383A5E38392E383A7E383B3E58AA0E585A5E58F8DE5AFBEE79086E794B1.jpg

・・・・その通りでござるな・・・・・


「え?キュヒョン君、何か言った?」


「いえ・・・・本当にいいコンビですね、お二人は」


「え~王子とキュヒョン君もいいコンビだよ!なっ、ユノ!」

「俺に振るな!それよりお前、英語と数学、追試だろ・・・・二人に教えてもらったらどうだ?」

「うっ・・・・嫌なこと思い出させるなよ!なっ、王子、キュヒョン君、この合宿中、俺に個人指導してくれよ!」

「僕で良ければ、教えますが・・・・ドンへ君、ちゃんと勉強してくださいね!」


「おお! 俺はこう見えて、やる時はやる男だから!だから、絶対に教えてくれよ!約束だぞ!」



皇子・・・・生まれ変わったら・・・今度は・・・共に笑える世でお会いしましう・・・・

裏切りも、戦もない・・・・

皇子・・また必ず・・・・おそばに・・・・約束です・・・・



ドンへ君・・・・・やっぱり、その言葉・・・・・


「ドンへ先輩、本当に約束を守る方なんですね」

テミン君?! 










ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

いよいよ明日・・・・というか、今日。チャンミンンの基礎訓練が修了ですね・・・。

ご両親も、チャンミンとの対面、楽しみにされてらっしゃるでしょうね・・・

ユノの時のように、お写真、upされるかな・・・・

楽しみに待ちたいと思います!

お写真が上がってきたらまた、「秘密の月の部屋」でご紹介いたします!

別室blog「秘密の月の部屋」はこちら



ポチッと押していただければ、幸いです





theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(16)

暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(16)





「先ほどのテストの結果は、後ほどそれぞれに配布しします。教科ごとに、各自の進度によって、クラス分けしますので・・・・」



「ユノ~俺・・・・社会以外はヤバいよ・・・・追試の連続になりそうだよ・・・・」


o0320032013489484865.jpg

「ドンへ、言霊って知ってるか?自分の口から出た言葉は、実現しちまうぞ」

「まじかよ!! じゃあ、今のは無し無し!!神様、俺はみんなちゃんと出来ていますので、
追試だけはご勘弁ください!」


「だからさ・・・・・」


「追試、という言葉自体が、言霊になりますよ、ドンへ先輩!」

「げっ!!マジ?! ・・・・って、お前確か・・・・」

「イ・テミンです。」

テミン1




「おいおい・・・・さっきの鋭い顔とえらい違いだな・・・・」

「ドンへ・・・・心読まれてるぞ・・・・」




「えっ! 何お前、人の心読めんの?!」

「・・・・・ドンへ・・・・・本気にすんなよ・・・・・」



9ubZ3.jpg

「んだよ~驚かせるなよ~!!ユノは本当にいじわるだな!!」



img_3.jpg

「ふふふ、ドンへ先輩、さっきとそんなに違いますか?ボク・・・・」


o0600086612825694656.jpg


「げっ!!! 読まれてんじゃねーかよ・・・・・・」



「ドンへ先輩は、心が読めなくてもすぐわかりますよ。顔に書いてありますから」


「マジかよ~・・・・・ユノ~、俺、そんなに分かりやすいのか~」


「バカ、からかわれてるだけだよ。お前な・・・・年下に遊ばれて、どうすんだよ!」




n23vo.jpg

「あはははは!!! あの人、ホントに面白いな~!!俺、あのタイプ、大好きだよ!!」

ふふふ、ドンへ君、相変わらずだな・・・・

ドンへ君がいると、本当に空気が和むって言うか・・・・柔らかくなるな・・・・


o0400032013118030062.jpg


「ホントだよね!!僕も、ドンへ君とユノ君見てたら、楽しくなるよ!!」



「おっ!何だ何だ王子たち!!何か楽しい事でもあったのか?!俺も混ぜてくれよ~」


「いえ・・・・ドンへ君見てるだけで、幸せになれるって話してたんですよ!ね、キュヒョナ!」


BOLyzykCIAIjP9I.jpg


「そっか、そっか、王子たちは人を観る目があるな~!!俺の笑顔は、嫌なこと全て忘れさせる破壊力があるからな!!」






嘆きの勇者であるあなたには・・・・

忘却を・・・・忘れなさい・・・





忘れる・・・・・ドンへ・・・・殿・・・・・・



僕の頭の中に浮かんできた言の葉・・・・・


死の神・・・・・

女の神・・・・・

風の巫女・・・・

火の勇者・・・・・




「チャンミンさん? 何か・・・・思い出しましたか?」


「テミン君・・・・キミは・・・・舞を奉納するって・・・・・」


「はい、代々、女の神に仕える・・・・巫女の家系です・・・・・」


「風の・・・・・・」


「巫女です。皇子・・・・いえ、太子様」


「太子様・・・・・だと・・・・・?どうして、その名前を・・・・・」




やはり・・・・チャンミンさんだ・・・・あの時の皇子は。

そして、ユノさんは・・・・・


EgRC9.jpg


「火の・・・・・勇者」










ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

なかなか話が進みませんが、私としては、ドンへを絡ませるのが何とも楽しくて

こういうタイプって、クラスに必ず一人はいる、愛されキャラですよね~

さすが、みんなの彼氏、みん彼ですね~


昨年の豪雨のSMT・・・・超雨女の私は、当然参戦したのですが・・・・

結構目の前にドンへが登場する事が多くて・・・・

客席のペンんに、レインコート渡したり、やけにフレンドリーなスタッフさんだな・・・と思っていたら、ドンへで!!

もう~超ビックリ!!

だって、東方神起では、あまり考えられない距離感でしたので

エルフの皆さんも、たまらないだろうな~と、心が温かくなりました。


そんなドンへ・・・・このお話でも、結構キーポイントになりますので、お楽しみに!


そして、ユノの26師団の様子が、国防テレビで放映されましたね!!

S__11501652.jpg

ユノの、打楽器・・・・可愛かったです~

詳しくは、また明日、「秘密の月の部屋」でお伝えします!





別室blog「秘密の月の部屋」はこちら



ポチッと押していただければ、幸いです





theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(15)

暁に眠る星・・天子と勇者達・出逢い(15)





「テミナ、何考えてる?」


「ん・・・やっぱりさ、会ったことあるよね、あの二人」



「ユノさんと、チャンミンさんの事?」


「うん・・・・それだけじゃないかも・・・・」


気になる・・・纏っているオーラが、あまりに似ているし、同じ波動を感じる。

それは、あのキュヒョンさんやイエソン先生も・・・・

そして、ここにいるミノも・・・・・

出雲という地の持つエネルギーのせいなのか・・・

それとも、朔に入ろうとしている月のエネルギーのせいなのか・・・・


「ミノ、あの水、持ってきてる?」

「ああ・・・・御神水か?もちろん、冷蔵庫に入ってるよ」

「ちょっともらうね・・・」



ちょっと飛ばしすぎたかもしれない・・・・これでは、月のエネルギーを吸収できない。

ボクは浴槽にお湯を張ると、御神水と鹽竈神社の塩を一つかみ入れ、身を浸した。

開きすぎたチャクラが静かに閉じていくのを感じながら、ゆっくりと目を閉じた。



o063806381442900203263.jpg





「それは・・・・禁じられている術、いくら皇子様の命令でも、出来かねます」

「分かっています・・・・これが神の命に背くことなど・・・・しかし、どうしても、どうしても、今、弟を失う事は・・・出来ないのです」

「皇子様・・・・・それに・・・そのような術、いくら私といえど、出来るかもわかりません・・・・」

「風の巫女なら、そなたなら出来ます!どうか・・・どうか私の命を分け与えてでも、弟を、ミンソクの命を!!」

「皇子様・・・・・場合によっては、皇子様のお力も命も、捧げねばならないのですよ?」

「構いません、今ミンソクを失えば、母様はずっと深い悲しみと後悔の中で生きねばなりません。
これから生まれてくるであろう赤子も、そんな母様のもとで育つのは、あまりにも不憫、
どうか、どうか私の命を差し出してもかまいませんから、女の神に、女の神に魂甦を!!」





「テミナ、そろそろ集合時間だよ」


ゆっくりと意識が浮上してくる・・・・

どれだけ浸っていたんだろう・・・・やはり、鹽竈神社の塩は、魂を深いところまで導いてくれる・・・

風の巫女とは・・・・ボク、そして、皇子様は・・・・チャンミンさんの波動と同じだ・・・


ボクはゆっくりとその身を引き上げると、熱いシャワーで浄化されたチャクラを洗い流した。



「ずいぶん、ゆっくり入ってたな・・・何かまた、視えたのか?」

「ん・・・・ボクとチャンミンさんの過去生かな」

「チャンミンさんか・・・・確かに、何かを抱えていそうだね、俺でも感じるんだから、テミナはとっくに分かっているんだろ?」

「そうだね・・・・でも、まだほんの少しだけどね」


「そっか・・・・まあ、まだ初日だから、仕方ないか・・・」

「そうだね・・・・明日、日御碕神社に行くから、その時に何か降りてくるかもしれないね・・・」


新月の朝に、夜の神が目覚める神社・・・・偶然なわけがない。


この合宿の間に、ボクが抱いている不安の理由がわかりそうだ・・・・


御神水にフランキンセンスを1滴入れると、それを飲み干し、ボクは集合場所へと向かった。


m_white.jpg

あの二人の波動を、もう一度確かめるために・・・・







ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

チャンミンンの兵役、今週末で修了ですね。

その後は、地方警察庁にて集団教育を受け、年明けの1月7日から服務されるんですね。

今日も講座中に、トンペンさんといろんなお話をしていたのですが、

ひたすら再始動を待っていた暗闇の時期から見れば、今回は絶対に戻ってくるのが分かっているから

気持ち的には楽ですという言葉を聞き、当時はどんなにかペンもお二人も

お辛かったか・・・・そう思うと、今は寂しいけれど、辛くはないな・・・・

完全体での復活を楽しみに待っていられるんだから・・・そう改めて感じました。


そして、いろんな状況の中で、東方神起を知って、救われたこと、気持ちを強く持てた事など

いろんなお話を伺って、改めてユノとチャンミンが、たくさんの人の勇気と力を与えている事を感じ、

改めて素晴らしい存在だな・・・・と、惚れ直しました

そして、今日、TONEのBlu-rayを見たのですが・・・やっぱり凄い!!


この瞬間を待ちわびていたたくさんのペンの気持ちが熱くて熱くて・・・・

それに必死に答えているお二人の姿に、改めて感動しっぱなしでした!

tonefujinext.jpg

早く、またお二人揃ってのこのお姿、見たいですね~

はあ・・・本当に飽きるという事が無いどころか、見れば見るほど、惚れ直すばかりです~


別室blog「秘密の月の部屋」はこちら



ポチッと押していただければ、幸いです






theme : 東方神起
genre : アイドル・芸能

暁に眠る星・・・・天子と勇者達・・・・・出逢い(14)

暁に眠る星・・・・天子と勇者達・・・・・出逢い(14)







2014092223512198b.jpg


禁を・・・・・破る・・・・・とは・・・・・






COjKIOJUcAADgP1.jpg


私は、弟を失いたくなかったばかりに・・・・・魂甦の義を・・・・風の巫女に頼みました。



「魂甦」とは・・・・・・


人の寿命は決められたもの。

けっして、人がどうこうできるものではありません。その時が来たら、受け入れるだけ・・・・

でも、私には、今、弟を失う事は出来なかったのです・・・・・

寿命の終わりが近づいた魂は、だんだん弱っていきます。

光が薄れていくのです・・・・・弟の光もまた、薄れていました。

これを止めることなど出来ないのですが・・・・・私は祖父から、秘儀について聞いていたのです。

弱った魂でも、一時だけでも光を強めることが出来ると・・・・魂が甦るから、魂甦の義・・・・・

それが出来るのは、代々、女の神に仕える巫女だけ・・・・

そうです、風の巫女です。



私は、風の巫女の元へ行き、魂甦の義をお願いしました。

せめて、せめて母様が戻ってくるまで・・・・それまでだけでも、魂を繋ぎとめて欲しいと。


巫女はもちろん、断りました。


でも、私があまりに嘆くのを見て・・・・・女の神に聞くことだけはやってみると・・・・


IMG_0935.jpg

巫女は、神降ろしのための準備をし・・・・神の間にこもりました。



その間、私はひたすら祈りました・・・祈る事しかできなかったからです。



どれだけ時がたったのか・・・・日が傾きかけた時、巫女は戻ってきて・・・・

こう告げたのです・・・・・・



誰ぞ・・・・・世の理(ことわり)を曲げしものは・・・・・・

本来ならば、人の命は神しか関われぬこと・・・・

それをどうしても曲げたいのであれば、

「愛」には「愛」をもって償わねばなりませぬ・・・・・




「愛」には、「愛」をもって・・・・とは・・・・・・



あなたがこの先愛するものの命を持って・・・・・この魂を蘇らせることが出来ます。


では、私がこの先愛するものは・・・・寿命が短くなるという事ですか?


それだけでは足りぬ。

そなたが愛する気持ちもまた、捧げねばならぬ。


私の、気持ち・・・・・



そうです。そなたは一生、誰も愛せず、愛すれば、命は奪われます。


その約束が出来るのであれば、この魂を蘇らせましょう。




CLsKv5tUMAAH4xC_201508061111224ee.jpg


その時、私は、先のことなど考えられませんでした・・・・・


ただただ、弟を助けたいがために・・・・・


それを承諾したのです。



ですから、私は一生、誰も愛せないのです・・・・・



愛する事は、すなわち、愛する者の命を奪う事になるからです・・・・







ランキングに参加しております。
楽しめた!と思われましたら・・・押していただければ幸いです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


しゅてきなお写真が~

68090.jpg

J STYLE MAGAZINE Vol.7 15,000ウォン

12月24日発売予定 (海外への発送もすぐにオープンする予定

との事です!!じゃあ・・・日本からも買えるのかな?

こんなに短パンが素敵なアラサー男子なんて・・・・居ませんよ~

そして、この物語でも準主役級のドンへ!!

S__6119438.jpg

S__6119434.jpg

義務警察主催のミュージカルかな? 凄いカッコよかったです~

これ・・・・年末からは、チャンミンも出るのかな・・・・

はあ~楽しみにお待ちしております


別室blog「秘密の月の部屋」はこちら



ポチッと押していただければ、幸いです




プロフィール

とむにーママ

Author:とむにーママ
ユノとチャンミンを心から愛し、東方神起の世界観を大切に、SMファミリーも交えた物語のblogです。恋愛はほぼありませんが、いろんな時代、設定で、どんな言葉が生まれるのか、お楽しみいただければ幸いです。お二人をタローデパリで分析した「秘密の月の部屋」もアメブロで掲載中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
韓流スター
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者